(公財)高知県国際交流協会 高知県国際交流協会:ホーム
KIAだより「かつおの旅」

インフォメーション
協会からのお知らせ
イベント・開催講座のご案内
その他の団体からのお知らせ

協会の活動
協会のプロフィール
協会の実施事業
協会運営状況

多文化共生コーナー

KIAだより「かつおの旅」

KIAにほんごクラス

ボランティア募集
ボランティア募集
ボランティア登録一覧

施設・図書の紹介
施設のご案内
掲示板
図書・週刊誌・雑誌

機関誌の発行
WINDOW
ニーハオ安徽
高知県ベンゲット州友好新聞

友好姉妹都市交流
中国安徽省
フィリピンベンゲット州

各種申込
国旗の貸出
後援名義案内

在住外国人のための生活情報誌「Tosa Wave」

国際交流関係団体一覧

FAQ(よくある質問)コーナー

リンク集

KIAメルマガ

KIAだより「かつおの旅」

「かつおの旅」第23号
2008/12/4

か つ お の 旅(第23号)

「学生インターンを受け入れて」

      財団法人高知県国際交流協会
                                  マネージャー 吉田進

 今年の8月から9月にかけて大学生の学生インターンを2名受け入れました。協会としては初の試みでしたので、どんな学生が応募してくれるだろうか、1人も応募がなかったらどうしよう、など期待と不安が交錯する中で、届いた履歴書や応募動機などを一読してみると不安のほうは一瞬にして吹き飛んでしまうくらいの優秀な学生から3名の応募があり、私どもの受入体制と志願者の希望日程などを調整した結果、県内の大学に通う大学院生1名と大学生1名を受け入れることにしました。

 大学院生Aさんは県外出身で、応募動機を拝見すると国際協力の分野に高い関心を持たれているようでした。当協会にはJICAの国際協力推進員が常駐していることと、インターン受入時期にJICAの研修生事業や在住外国人対象の防災関係の事業もありましたので、本人にとって興味深いものではないかと思いました。実際に色々な現場に同行し、会議でメモを取ってもらったりもしました。また、私どもにとって非常に良かったと思ったことは携帯サイト構築への提言でした。今年度事業の目玉でしたが、携帯サイトの主要なユーザーである若者の感性から鋭い視点で提言書を仕上げてくれて大助かりでした。

 もう1人の大学生Bさんは県内出身ですが、英語と中国語に堪能でしたので、在住外国人対象の防災訓練に同行してくれたときには通訳を務めてくれて大変助かりました。また、災害時語学サポーター養成講座にはアシスタント役としてだけでなく受講生としても参加し、当協会の事業に深く関わってくれました。

 このように今年初めて学生インターンを受け入れてみて思ったことは、高知県のような地方の大学にも優秀な学生が在籍し、将来への溢れんばかりの夢と高い意欲を持って勉学に励んでいることに強く心を打たれました。話を聞くと2人とも海外での仕事を目指しているようで、頼もしいと同時にこのような優秀な人材が高知に定着しないことに残念な思いもありますが、まだまだ日本の若者は捨てたものじゃないなと、彼らの存在を知って改めて気づかされた今年のインターンでした。

 できれば来年もこのインターンシップを続けられればいいと思っています。




バックナンバー
「かつおの旅1号」
「かつおの旅2号」
「かつおの旅3号」
「かつおの旅4号」
「かつおの旅5号」
かつおの旅6号
「かつおの旅7号」
「かつおの旅8号」
「かつおの旅9号」
「かつおの旅10号」
「かつおの旅11号」
「かつおの旅12号」
「かつおの旅13号」
「かつおの旅14号」
「かつおの旅15号」
「かつおの旅16号」
「かつおの旅17号」
「かつおの旅18号」
「かつおの旅19号」
「かつおの旅20号」
「かつおの旅21号」
「かつおの旅22号」

 

ページトップへ高知県国際交流協会:ホーム
© Kochi International Association All Rights Reserved.