(公財)高知県国際交流協会 高知県国際交流協会:ホーム
KIAだより「かつおの旅」

インフォメーション
協会からのお知らせ
イベント・開催講座のご案内
その他の団体からのお知らせ

協会の活動
協会のプロフィール
協会の実施事業
協会運営状況

多文化共生コーナー

KIAだより「かつおの旅」

KIAにほんごクラス

ボランティア募集
ボランティア募集
ボランティア登録一覧

施設・図書の紹介
施設のご案内
掲示板
図書・週刊誌・雑誌

機関誌の発行
WINDOW
ニーハオ安徽
高知県ベンゲット州友好新聞

友好姉妹都市交流
中国安徽省
フィリピンベンゲット州

各種申込
国旗の貸出
後援名義案内

在住外国人のための生活情報誌「Tosa Wave」

国際交流関係団体一覧

FAQ(よくある質問)コーナー

リンク集

KIAメルマガ

KIAだより「かつおの旅」

「かつおの旅」第22号
2008/10/10

か つ お の 旅(第22号)

「外国人対象の防災訓練」

      財団法人高知県国際交流協会
                                  マネージャー 吉田進

 9月28日(日)、外国人を対象とした県内では初開催となる南海地震などの大規模災害を想定しての防災訓練を南国市消防本部(南国市篠原)で実施しました。この防災訓練の開催に当たっては、南国市・南国市国際交流協会・南国市消防本部の全面的な協力を得て、南国市や周辺市町の在住外国人約50人を含む、総勢約90名の参加者に応急手当訓練(止血法、搬送法、固定法)、起震車体験、消火訓練、防災DVD鑑賞の4つのプログラムを体験していただきました。


  外国人といえども南海地震から免れることはできません。日本人と同様に備える必要がありますが、今回の防災訓練は、いざ地震が起きた直後に外国人本人や家族、近隣住民の生命・身体を守るために必要な行動が的確かつ迅速にできるよう実践的な訓練を目指しました。同時に、当協会が昨年度から養成している災害時語学サポーターの実践訓練も兼ねた内容になるよう工夫しました。


  各訓練の日本語による説明や起震車の操作は消防署の方にやっていただきましたが、英語と中国語の通訳は災害時語学サポーターが担当しました。日本語が理解できない外国人にも訓練の内容を十分理解していただくため、訓練内容は日本語を含んだ6カ国語版に製本して参加者全員に配りました。


  このような防災訓練に参加するのは初めてということもあって、訓練を受ける外国人は皆楽しんでいる様子でした。起震車体験では遊園地の乗り物に乗っているかのごとく笑みを浮かべたり歓声を上げることもありましたが、あまりの揺れに体の自由が利かないため、机の下にもぐることができない外国人の方もいました。


  今回の訓練のように皆冷静に対応できれば南海地震で被害に遭うことはないと思います。訓練終了後に集めたアンケートでは、またこのような訓練が開催される場合ぜひ参加したいという声が圧倒的に多かったので、外国人を対象とした防災訓練を来年以降も継続できればいいと思っています。

消火訓練の様子



バックナンバー
「かつおの旅1号」
「かつおの旅2号」
「かつおの旅3号」
「かつおの旅4号」
「かつおの旅5号」
かつおの旅6号
「かつおの旅7号」
「かつおの旅8号」
「かつおの旅9号」
「かつおの旅10号」
「かつおの旅11号」
「かつおの旅12号」
「かつおの旅13号」
「かつおの旅14号」
「かつおの旅15号」
「かつおの旅16号」
「かつおの旅17号」
「かつおの旅18号」
「かつおの旅19号」
「かつおの旅20号」
「かつおの旅21号」

 

ページトップへ高知県国際交流協会:ホーム
© Kochi International Association All Rights Reserved.